Entries

NewAlbum『GAME』を聴いたッ!


本日ついに発売!Perfumeニューアルバム『GAME』。
早速入手し聴いてみました!!
というわけで勢いで全曲レビュー(っぽいの)、書いてみまーす。長いでーす。
言葉が変だったり、「簡単な事」って勘違いしていたり、判断誤ったり、
個人の主観がとーっても入ってるぽいので参考程度にねъ(`ー゜ )。
イメージメージ♪
では行ってみよう!

「ポリリズム」:通称ポリ。
言わずもがな、Perfumeの名を知らしめたあのCMの曲です。
ポリリズムポリリズムポリリ…。ショートバージョンじゃなくて良かった!

「plastic smile」:
Ah、Ah、イェィ、イェィ!
元気で明るいテクノって感じですね~。
晴れた朝にピッタリだと思います。
このベースFM音源みたい。メガドライブでよく鳴ってるベースの音と一緒~。

「GAME」:
きましたブミブミズッシリバッキバキ!
ディストーションギターっていうのかな、
その音がCapsuleの「Lounge Designers Killer」っぽくてカコイイ。
なんというかアメリカのロックっぽいです。

「Baby crusing Love」:通称BCL。
聴けば聴くほど味が出る、紅鯨・BCL。
「GAME」のバッキバキの後に聴くと、このピアノメインのメロディが心地良い…♪
漕いで漕いで~♪漕いで小出…はアキハバラブか(汗。

「チョコレイト・ディスコ」:通称チョコ。
今まではこの曲が収録されているFanServiceSweetが通常では入手出来ないので
ダウンロードするしかありませんでしたが、今回正式なCD音源として収録されました!
一度聴いたら忘れられないこのメロディ。
この曲は最近地上波でも結構流れている為、聴いたことある人も多いのではないでしょうか。
来年のバレンタインはこの曲が街中に溢れているに違いないъ(`ー゜ )。
ディスコッコッコッ♪

「マカロニ」:
トラックの良さに世界のラッパー達も驚いた!?
なんて大変な事言っちゃってますが、その道の人達によれば
「(仮にも名目は)アイドルの曲がこんな豪華なトラックなのは信じられない」だそうです。
実際、ラップとのマッシュアップもぴったりでしたねー。
冬の静かな街角に似合う一曲…。
やわらかいよね~。

「セラミックガール」:通称セラガ。
「plastic smile」が朝ならこれはお昼かな、なーんて(笑)。
バックで鳴ってるタム?の音が脳に気分良く響きます。
リズミカルな言葉運びで颯爽感を運んできてくれます。
ガガガガガガ…。

「Take me Take me」:
歌詞がほとんどないけど、それを全然感じさせない作りになっています。
ちょっとテンポ速めでトランスっぽい。
かしゆかの声が曲調に合いすぎです!!
途中、声のいじり方とか音の運び方が「I'mfeelingyou」入っているっぽい。
アップテンポなリズムにナイロンギターとハーモニーが綺麗に合わさって
何とも言えない陶酔感に誘(いざな)ってくれます。

「シークレットシークレット」:通称シクレ、シクシク。
らんらんらんらーん。
pinoのCMでおなじみになりつつあるこの曲、
今までラジオだとバックのシンセが若干潰れてしまっていたのが、
CD音源だとくっきり鮮明に聴こえて吃驚!!
中盤以降の盛り上がりが異常です。良い意味で。

「Butterfly」:
曲のイメージはわかりやすく(?)言えば「クロノトリガー」ぽいなって思いました。
(曲のメロディそのものじゃなくてイメージ=雰囲気ですよ)
ダンサブルであり神秘的でもあります。
あまりの良さに最初聞いた時 鳥肌が立ってしまいました。
もろハウス(民族音楽っぽいハウスってなんて言うのかな)って感じで、
低音で鳴り響くキック…複雑にリズムを刻む民族楽器…絡み合うような電子音、
奥底から捻り出すようなベース、そして包み込むようなボイス。
いやー、やばいよこれ。オニヤバイ(笑)。
低音の効くスピーカーで聴いたらもうね…大音響で聴きたい(*´ω`*)。
今は夜中なので大きい音で流せない(ヘッドフォンもちょっと)のでー。
あ…あとこの曲「.hack」の街(どこだったか)のイメージとも似てるカモ…。

「Twinkle Snow Powdery Snow」:通称TSPS。
「チョコレイト・ディスコ」と同じく、ダウンロードでしか手に入らなかったこの曲、
やっと一般市民の手にも届く時が!
正統派テクノハウスという感じなこの曲は、
絶妙な韻の踏み方とメロディの運び方をしていると思います。
音幅はそんなに変わっていないはずなのに、
バックトラックがどんどん変化していくので最後まで飽きさせません、たぶん。

「Puppy love」
最初の鉄琴(ピアノ?)っぽい音を聴いた時、「グライダー!?」と思ってしまった程、
ソレ系の曲です。でもテンポはちょっと速め。
聴いてるとなぜか安心感が湧きあがってくるようなメロディとボイスでした。
もしPVを作るなら手書きでこすり描きしたイラストのアニメーションなんかが合いそう♪
それにしてもツンデレーションて…ヤスタカワカラナイヨ。

というわけで長かったけどレビュー的なカキコはここまで。
無理やりまとめると、『可愛い系』は「plastic smile」と「Puppy love」くらいで、
あとはほぼ全て『カッコイイ系』。ようは「オサレ(笑)」的。重低音を響かせまくってます。
彼女達の見た目にだまされる人続出か!?
とにかく今までの曲とは別物と考えて良いでしょう。
これを吉と見るか凶と見るかは…聴く人次第ダッ。

さて、全部良いけどこのアルバムの中で私的TOP3を決めるとしたら…。
どれも良すぎて決められないッ!…けどッ!!敢えて決めるとしたらッッ!!

3位:「シークレットシークレット」
2位:「Take me Take me」
1位:「Butterfly」
かな~。
正直「Butterfly」が群を抜きすぎていて正常な評価が出来かねていますが…、
どれもオススメってことに変わりないです。もちろんアルバムの曲全部。
最初の方で低音にビックリされるかもしれませんが、
買ってアルバム最後まで聴いてみよう♪ystkは裏切らなかったヨ☆(ゝω・)v

曲聴きすぎてDVD観る時間がががが、DVDは明日観ようっと。

追記:DVD見ました!
「ポリリズム」「SEVENTH HEAVEN」は言わずもがな、最高でした!
フロアの興奮がこちらにまで伝わってきました。あ~ちゃん号泣。でも歌はしっかりゴニョゴニョ。
「セラミックガール」はドラマのエンディングの俳優無し版みたい。
ちょっと短かったけど踊りの複雑さは伝わってきました。
「マカロニ」はホッカイロ。個別バージョンだと、
あ~ちゃん:メガネ西脇似合いますね~。
       誰だ!?ゴリなんて言ってるのは(^ω^)。
かしゆか :坂道でそのままでんぐり返ししそうな勢いでした。
       パッツンよりこっちの方が…(でもハゲじゃしょうがないかな)。
のっち   :さすが一見さんキラー。この笑顔でPerfumeへと引き込むのでしょう。
       とてもアホの子のようには見えませんね。

とまぁこんな感じでてんこもり。お腹いっぱいヽ(´∇`)ノ。
これから買う人は初回限定盤を買ってDVDも観てみよう!ぜひъ(`ー゜ )♪
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kurbusi.blog109.fc2.com/tb.php/112-51b16811

1件のトラックバック

[T4] perfumeのGAME買った。聞いた。感動した。

何年ぶりだろう。CDを買うのは。んー、実に15年ぶりぐらいではなかろうか。amazonで予約注文していたものが、本日届きました。早速、聞いてみました。Oh, That\'s great!!なんか、こんないいものが3000円に満たない金額で手に入るなんてある意味とても幸せな感じ。?...

2件のコメント

[C28] 電子音楽数千枚保有者

知らないっていうのは幸せですよほんと。いい意味で。
なんでもちょっとしたことで感動できますもん。

ぼくは曲の始まりから数秒で元ネタが頭に浮かんで、最初はガマンして最後まで聴いていたけど、曲や詩、音処理技術まで含め、元ネタ以下の感動しか感じないので聴くのやめてしまいました。

これをきっかけに新旧のこういう音楽を聴くようになったら、多分気持ちがわかると思います。
僕も今10代だったら同じ熱さを感じていたかもです。

でもパフュームと関係スタッフは時代の空気を読み、
必要なものを提供することに成功したんだから、
立派ですよ。
  • 2008-11-17
  • 名無しさんなのです
  • URL
  • 編集

[C29]

カキコみどうもありがとうございます~。
う~ん、文体が何かコピペぽいですけど一応レスしてしまいます。

まず第一に、「元ネタ」というのが何なのか不明です。
そして「知らない」というのは何を知らないというのでしょうか?
彼女達の曲の事?それとも他の?
他のだったらどんなジャンルで例えばどんな曲?
幅が広すぎて全く理解できません。ごめんなさい。
彼女達の曲だったら「おまじないペロリ」から知っていますし…、
一体何の事を言っているんでしょう?

新旧の「こういう音楽」、ふーむ。
それが仮にテクノだとしたら旧はYMOとかクラフトワークとかダフトパンク?
電子音楽数千枚って書いてるからそれっぽいですね。
もしかしたら「元ネタというのがそれらのグループの曲のことで、
それらを模倣した曲だけどそれ以下の感動しか感じなかった」
という事を言っているんでしょうか…。

まぁPerfumeに関しては楽曲だけじゃなくて
あの独特なダンスを合わせて初めて「Perfume」ですから。
それとまわりのスタッフ、今までの経歴など、
様々な複合要素が絡まって今の成功があると思うので…。
彼女達とまわりのスタッフ合わせて『Perfumeです』。
(本人達も言っていますよ)
だから曲だけ聴いて「感動出来ない」とか言われてもよくわかりません。
たびたびごめんなさい。

あとPerfumeの曲はテクノというよりハウスだと中田ヤスタカは言っています。
となると、
YMO等と比べられてはいますが、
それもちょっと違うんじゃないかな~と思うんですけど。

それと最後に「時代の空気を読み」と書いていますが、
今のように売れる前からこのような曲は出してましたよ。
(今は注目されるようにはなりましたけども)
売り上げ数百枚とかあったみたいです。
またこのアルバム『GAME』だって
事務所的に最初はあまり売れないと思ったのか用意した枚数が少なすぎて、
急遽電車でCDショップをまわって追加分を受け渡しに行ってしまったくらいですよ。
(あそこまで売れるとは思っていなかったという事)
それでも「時代の空気を読んでる」と言えるのでしょうか…。

知らないってのは幸せですよね。僕もそう思います。
知りすぎていると逆にちょっとやそっとじゃ感動出来なくなってしまいますから。
でもそれじゃ、人として悲しすぎますよね。
難しく考えず、もっと簡単に、そして気楽に捉えた方が良いと思います。
あーだこーだ言ってると本来イイモノも自分の中でそうでなくなってしまうのが怖いですし。
僕自身もそうならないように気をつけます。
ではでは…。

※ちなみにこのレビュー記事を書いた時はテンション上がっていたので
今冷静になって見てみるとちょっと恥ずかしい(//▽//)
  • 2008-11-17
  • くるぶし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

くるぶし

Author:くるぶし
遅まきながら、ブログ始めてみました。
べ、別に前のブログpass忘れて放置
してたってわけじゃないんだからね!

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター(フレームと共通重複無)